うさぎピンクの恋わずらい

pink39pink.exblog.jp
ブログトップ

聞けよ、これでつき合ってないんだぜ(´・ω`・)エッ?…だったら、君の欲しいもの、望むもの、僕のすべて、何でもあげたい♡

 


c0349676_17294881.jpg


 ピンクたんへのこうかんにっき、何書こう何書こうってウキウキはしゃいでいたら(∀`*ゞ)エヘヘ
(女子か、俺は…)
 
 『ちょっ…あんたら付き合ってるんじゃん…』
ある日、突然、幼なじみのサーモンにそう言われたので
 『はあ?あんたらって…』と返したら
 『決まってるじゃーん、ピンクちゃんとあんただよ。
交換日記してるんでしょ❔ブログ読んだよー』ってサーモンが茶化した

 『付き合ってないよ…付き合うってなんだよ…キスすらしたことないのに』
僕は照れ隠しで、そっぽを向く
c0349676_15494603.jpg
 『最近、エロいこと書かないんだね…ややホッとしたぞ』サーモンがニヤリと笑う
 『書きたいけどねー…うん…でも…あえて書く必要もないような…
だって俺…女の子とそういうことしたこともないのに、書いてもリアリティがな…』
まあ中学生だし、それが普通だろうな。



 しかも、僕の場合、ピンクちゃんが初めて好きになった女の子な上、
ピンクちゃんにしか欲情できないという特異体質なので…
ピンクちゃんに出逢う前までは
 一生女の子に興味が湧かず、恋できないんじゃないかと思ってたほど(って、中学生にしては思い詰めすぎだな…)
 それからというもの、ピンクちゃんに対して朝な夕な妄想を繰り広げるようになり
 自分がまさかこんなエロいとは思ってなかったから、最近は少しセーブしてたんだけど
 そんなことをグダグダ思ってたら、いきなり…、

 『キスぐらい、練習台になってあげてもいいよ』サーモンがとんでもない提案をしたので
『はあ?』と返す
 『…言うまでもなく断るけど…女の子の闇をいま感じたな…』
 『なにそれー』
c0349676_16414247.jpg
 『サーモンってピンクちゃんとも普通に友達なんだろ。
ピンクちゃんに申し訳ないとか思わないのか❔その発言』
 『だって、ピンクちゃん、ピン太のこと好きかわかんないじゃーん。
それにさ、初恋って実らないもんだよ。結局、そばにいた幼なじみと結婚するってパターン多いんだよ』
知らん…聞いたことない…しかし『結婚』なんてフレーズが
サーモンから飛び出してきたのには、面を食らったな…
 『はいはいはい。サーモンちゃん、やっぱり俺のこと好きなのね』
 以前から抱いていた疑問を、僕はサラッとぶつけると、サーモンが
 『バカ言ってるんじゃないよ。だれがこんな甲斐性なしと』と乱暴に返した
 『落ち着けー。サーモンちゃん。俺が悪かった』僕は、サーモンの憤りを察して
鎮めようと、サーモンの頭をふいに撫でたら、
 『ひえっ』とサーモンが跳ね上がった
 『ややややややめい! そういうこと私にしないで』
 『はあ?さっきまで、キスの練習台うんたらかんたら言ってたくせに』
 『きもちわるい!ばか』サーモンは、顔を真っ赤にさせて立ち去っていった

 ひゅるーりー~…
 何なんだ何なんだ何なんだ
 つくづく思うけど、女の子って面倒くさい…

 とそのとき、背後から
 『きゃああああああ~…先輩ーーーーーっ逃げてーーーーっ
逃げてーーーーーっ』と愛らしいフェアリーボイスが響いてきたので
 
c0349676_17023617.jpg
 『うほっ』僕は反射的に振り向くと、
 ピンクちゃんがものすごい加速をつけて、
 突進してきたのだ
 『うわーーーーーーーっ』
と言っても、ピンクちゃんは羽根のような体重の軽さなので
 僕はそのままピンクちゃんを抱きとめたが、
さすがに尻もちをつく
 『ピンクちゃん…どうした…』
 『…ごめんなさい…あの…急にコントロールできなくなって』
ピンクちゃんは、顔を紅潮させて、上目遣いに僕を見るので
 『あっ…』僕は顔を背ける
 いや、だって…可愛いんだもん。辛い…。

↑最近になって、俺はどうしてこんなえっちなことばかり書いてたのか
理解に苦しむ瞬間が辛いのぅ…(;´・ω・)これからもきっと書くけどね…(*´∀`)💦

 ピンクちゃんは、自分が可愛いということを理解してるのかな。
 可愛い、ってそもそもなんだろうか。
 ピンクちゃん可愛い可愛い可愛すぎる。またもや
『可愛い』という言葉がゲシュタルト崩壊しちゃう
 『コントロールできなくなるって何? まあ、そんなに体重が軽いんじゃ
風に飛ばされても仕方ないとは思うけど』
 でもこうやって、抱きしめている時は
 普通の女の子としての重量感はあるんだけどな…。
 むにむにむに。無意識にピンクちゃんの二の腕やら腰を
指で押していたら…
 …ん?
 『今…先輩に会いたいって思ったんです。そしたら自分でも驚くほど
加速がついちゃって…私、こんなの初めてですよ…うふ』
c0349676_16511718.jpg
 あああああああ…その…股間がモゾモゾする…やばい
 だって視界に…、ピンクちゃんのセーラー服の襟元から
白くて可愛らしい二つの影と先っぽが…全貌は見えそうで見えないものだから
 見てはいけないと思うものの、凝視してしまい…
 このまま自分の顔を埋めたいと思いつつ、

 『はあーーーーーーっタイムタイム…』
僕は、自分の欲望を押さえつけるつもりで
ピンクちゃんを腕の中にぎゅーっと押し込んだので
 ピンクちゃんが
 『んっ…』と少し苦しそうに声を漏らした
 
c0349676_17094171.jpg

 『…交換日記、読んだよ。ピンクちゃん、読んでくれてありがとう。
嬉しかった…でも、まだ桜の精って言い張るつもりだな』
 『もうっ。信じてくださいよ…』
好きだ…好き…彼女に打ち明けられない代わりに
ぎゅっ、ぎゅっ…と抱きしめるけど…そのとき、ピンクちゃんが
少し言いにくそうに、口をもごもごさせながら
 『先輩…ごめんなさい…さっきサーモンちゃんと先輩の様子…ちょっと見ちゃって』とつぶやいた
 『さっきの会話…?』
 『先輩…サーモンちゃんになでなでしてた…』
 『…もしかして、なんか問題あったか?』
 『ふふふ。いいえ…仲が良いんだなあって…ただ、ちょっと…胸がチクっと痛んで』
 

 あーーーーーーーー
 僕は察して、辛くなった
 彼女は、ホワイトデーのお返しに『なでなで』が欲しいって言ってた
ピンクちゃんにとって、それが俺からの特別な贈り物だったのに
いともたやすく、他の女の子にそれを与えていては、
複雑な気持ちだったのだろう
 『ごめん…ピンクちゃんが嫌がるなら…他の女の子に、なでなでなんてもうしない』
 『良いんですよ。だって、先輩とサーモンちゃんが仲が良いのは知ってるから。
お二人の仲を引き裂くつもりは』
c0349676_17102669.jpg
ピンクちゃんは、僕の腕の中から、抜け出そうと体をずらしたので、僕は即座に押さえつけた
 『…ピンクちゃん』
 何で僕はここまできて、ピンクちゃんに好きとか付き合ってほしいとか言えないんだ
 でも、人一倍、世間知らずの彼女には
そういう人間関係の当たり前の言葉が通じないってわかってるから
…代わりに僕は、ピンクちゃんに伝えた
 『ピンクちゃん言ってくれ。俺、ピンクちゃんにあげられるもの
なんでもあげたい…欲しいもの教えて。何でもいいよ』
 『欲しいもの…』
 『お金がかかるものだったら、何年かかってもお金貯めて、
君に必ずプレゼントする…そうだ、交換日記に書いてよ。いくつでも書いてくれ』
 『うふふ…わかりました…何でも良いんですね…』
 ピンクちゃんがニコニコ笑うので、僕はホッと胸をなでおろしたが…
c0349676_16524079.jpg
↑(急に夏服になってる件は気にしないでくれよ…(*´σー`)エヘヘ)
 
 『先輩…でも、次の日記は先輩だから…
 先輩が先に書いてください♡…私から欲しいもの。何でもいいですよ』
 『…へっ?』

 『だって…私だけもらうなんて、ずるいですから…私も
先輩に…その…何でもあげたい…私のぜんぶ…すべて』
 
わかった、わかったから…もうそれ以上、言うな。恥ずかしい…。

俺はその先のことが、むずかゆくて
書けない…。
落ち着いたら、書く、かも……。

 うさぎ☆ピンク☆

c0349676_17424696.jpg


PS
 
 ピンクちゃんから欲しいものって…
 
 ピンクちゃんから、じゃなくて

 『ピンクちゃん』本体が欲しいんだけど
 
 俺のものにしたいんだけど…

 ピンクちゃんはアンドロイドじゃないし
俺専用にできないことはわかっているけど…

 俺専用のピンクちゃんにしたい♡

 それで、四六時中えっちするんだっ…
さっきできなかったけど、おっぱい、むにむにするんだっ
 
 さすがにそれ、交換日記に書いたらダメかねー…(ダメだろ)

 俺は、ピンクちゃんの喜ぶ顔が見たいよ

だけど、同時に
 僕を欲しがる君の顔も見たいからさ…♡
(´∀`*)ε`")チュッ

[PR]
# by pink39pink | 2017-06-09 17:37

ピンクたんの書いたこうかんにっきが想像以上に乙女だったもんで…困惑してる…ああもう、好きだぜ!

c0349676_18520346.jpg

ピン太先輩…心のこもった日記ありがとう
先輩って文章のほうが素直なんじゃないですか?
うふふ、気を悪くしないでくださいね
先輩の気持ち、いっぱい知ることができて嬉しいです

あっ、私が桜の精というのは本当ですよ
いつになったら信じてくれるのかなあ…
私、うそなんかついていませんからね、ぷんぷん…

なんて…怒ってませんよ♡

いきなりそれを理解してくださいと言っても
伝わらないのは当然です
先輩が一時期、花壇に来てくれなくなった間、
私ちょっと寂しかったんですけど

先輩のことを想いながら
花壇のお手入れしているとき、チューリップさんが
『大丈夫だよ』って励ましてくれたから

ああ大丈夫なんだって思えました
c0349676_19071735.jpg
不思議ですね、
地上に降りてきたから、
私は、いろんな方に元気づけていただいております

先輩と幼なじみのサーモンちゃん…私の知らない先輩のこと
いっぱい教えてくれます
ピンピンしちゃう寝ぐせのお話が多かったかなあ
それを聞くのもちょっぴりドキドキします
c0349676_18480607.jpg
私、先輩の寝ぐせ好きですよ、だって…だからピン太先輩なんだものね…♡
先輩がなでなでしてくれたみたいに、私も、先輩のこと、なでなでさせてくださいね

先輩にまた会うことができたのも
夢みたいで
ずっとずっと会いたかったから…

この気持ち、どう言葉に表していいか戸惑うんですけど
過去の私は、もっと率直に口にしていたような気がします

なので…また今度…言いますね

おやすみなさい、先輩

ピンクより
c0349676_19015561.jpg

PS (ここから下は個人的なピン太の感想)

ピンクちゃん…乙女チックすぎて
俺…読んでるだけで
恥ずかしくて鳥肌が…いやいやいやいやいやその

やっぱり恥ずかしい、
ピンクちゃんが心こめて書いてくれた、こうかんにっき…
一文一文読むだけで、むせて居たたまれないから
全部読むだけで、一日かかった…

ぷんぷんってなんだよ…あーーーーーこのぉーーー
寝ぐせなでなでって…くっ…くすぐったい…

でも自分の書いたもの読み返したら、それ以上に
激やばでさ…(;´・ω・)💦

恋してる時って、こんなにイカれちゃうものなのか…

あーーーーーーーどうしてくれよう…続くのか、これ…

ピンクたん
好きだぜ❣ぷんぷん…

[PR]
# by pink39pink | 2017-05-26 19:12 | こうかんにっき(ピンク)

一秒でも多く、君のことだけ…


c0349676_17330856.jpg
ピンクちゃん、交換日記OKしてくれてありがとな!
あと、ふだんから、俺、口わるくてごめんね

僕は、君のこともっと知りたいんだ
でも、ピンクちゃん、
君は自分のことを『桜の精』だなんて
言い張るから、それ以上のことは
君について、いろいろ聞いてしまってはいけないような気がして
少しもどかしかったんだ

ピンクちゃんが桜の精ってことにしておきたいなら
それでも構わないけど…
君の人間らしい部分もっと見せてくれて構わないんだからな

c0349676_17390153.jpg
僕だってすかしてるけど…本当は、
君に見せていない顔がたくさんある
いつか見せてしまうかもしれない…


ピンクちゃん、いきなりディープな話しちゃうけど

僕は、君に出会うまでは、自分の人生について
深く考えたことなかった

いつか、僕も君もこの世を去るよね

あはは…暗い気持ちにさせたらごめん
でもそれって人間の宿命だし

それで
最近、有意義な人生って何だろうって考えたとき
君と一秒でも多く、
いろんなことを共有したいって思ったんだ
c0349676_17395966.jpg
僕は、実際、君を目の前にすると
どうでもいいことばかり話しちゃうし、
もしかしたら知らず内、君のことを傷つけてるんじゃないかって
あとですごく落ち込むこともあるんだよ

あー何言いたいかわかんなくなってきたけど
これを君に読んでもらえるなんて
嬉しいや

長すぎて伝わらなかったらどうしよう

おやすみ…

ピン太
c0349676_17421321.jpg

PS(ここから下は、交換日記には記載しない僕のひとりごと)

ブルマで寝そべるピンクたん(*´Д`)ハアハア


交換日記ってなに書いたらいいかわからなくて
やや重い話織り交ぜてしまった氣がするな(;´・ω・)

書きながら気づくことってあるよね


愛する
ピンクちゃん、君は僕に
いろんな本音を気づかせてくれる…



[PR]
# by pink39pink | 2017-05-25 17:45 | こうかんにっき(ピン太)

ピンクちゃんに交換日記を申し込んだ結果→ピンクちゃんが好きすぎて辛い結婚しやがれこの妖精やろう(∀`*ゞ)エヘヘ


c0349676_20071836.jpg
『ピンクちゃん…ゴールデンウイーク中何してたの❔』

『はい。長いお休みなので…里帰りしていました』

『里帰り?』

『実家の…その…私、桜の精ですから
桜の樹のお家に帰ってました』

『ピンクちゃんって13歳だよね…一人暮らししてるのか』

やっぱり謎だらけだな…
『桜の精だから、桜の樹に里帰り』って
ピンクちゃんの虚言癖と受け取ってるんだが

『お母様に、ピン太先輩のこと、お話してますよ
その…先輩は人間で、私は桜の精なので…

ちらっとしか教えてないんですけど』

(桜の精ねぇ…単に親に僕のこと話したくないだけなんじゃ…)
僕はふぅーとため息をつく

『ピンクちゃん…君はどこからどう見ても人間だと思うし…
そんな嘘つかなくたっていいのに』
c0349676_17561542.jpg
僕がマジで返すと
ピンクちゃんが少し寂しそうな顔をしたので
僕は慌ててフォローする

『でも、確かに、ピンクちゃんは人間離れしてるところはあるかな…』
『どういうところがですか』
『…んー、素直なとこ、かな。どうして、そんなに素直なんだろうって
よく思う。まるで…』

妖精か、天使そのもの…
取り出して見たことはないけれど、
ピンクちゃんの心は、
まばゆいほど、きらきら美しく、

その中は、心地よいお花畑みたいに
とても居心地が良くて

澄み切った青空みたいに、きれいなんだろうなあ

僕からこんな表現が飛び出すぐらいだから、ね

『うふふ。先輩、私、先輩が思うほど
素直ではなかったんです…』
『素直でなかった……、って?』
c0349676_02265622.jpg
『私は厳格な両親に育てられたので、
もっとこう、頑なでおとなしくて…もっとガチガチしていましたよ。
自分の心内を素直に打ち明けることもしなかったし』

ピンクちゃん…過去の話をしてるのかな。
僕は黙って聞き入っていた。
『でも…お兄ちゃんに会ってから…あっ、いえ…何でもないです』
ピンクちゃんは、ポッと顔を赤らめて
口元を手で押さえた
『たびたび君が口に出すお兄ちゃんって誰のことだよ…』
僕は少し面白くない、という風にピンクちゃんの顔を
思い切ってのぞき込む

ピンクちゃんは、小鹿のようなつぶらな目を
まあるくさせていた

うーーーーーー可愛い…鼻血出そう

『えっと…先輩~……』

『えっ…、やっぱり俺のこと?』

ピンクちゃんが『お兄ちゃん』と呼ぶ存在は
うすうす勘づいてはいたけれど…

『ふふふ。いえ…内緒です』

ピンクちゃんは、チロッと舌を出して、
いたずらっぽく微笑む

はあ…可愛すぎる

ピンクちゃんの可愛さについて語りだすと、本筋からずれてしまうので
ここでは語らないが

今日も本当に可愛い

c0349676_18171377.jpg

安定の可愛さって言葉があるけど
安定のさらに上を日々更新してるんじゃないかと思うほど
可愛さのレベルが上がってるような氣がする

ずるいな、こいつ…

その日の自分のミッションを
忘れそうになるほどの破壊力だったが、
僕は何とか持ちこたえた

『ピンクちゃんって、携帯とかスマホとか持ってないよね』
『はい』

『あのさ…提案なんだけど俺と交換日記しない?』
よしっ! 言ったぞ

『先輩……日記書くの好きなんですよね…ふふふ、サーモンちゃんから
聞いてますよ、
ブログ…書いてるって。
先輩、ふだん、どんなこと書いてるのかなぁ
ローズちゃんには
その…えげつない…? から読まないほうがいいですわって言われたんですけど
どっちにしろ、どうやって読んだらいいかわからなくて』

えげつないねぇ…えげつないとか言っておきながら、書くたび
『ほんっとあなたの頭の中身は
くだらないですわね』と報告してくれるローズっていったい

『ああ、あのブログね(このブログだよ…)
読んでも、たぶん君には意味がわからないと思うよ
というか、絶対読むなよ』
c0349676_17581750.jpg
↑例の『童貞を殺すセーター』を描いていたけど、だんだん何を描きたいか
わからなくなってきたな、背景の殺風景さで、エロさを引き立ててるつもり

とりあえずピンクたんを後ろから抱きしめて
プリン🍮とした可愛いお尻に俺のを(´∀`(⊃*⊂)(以下略)


『ふふ…わかりました。先輩の秘密なんですね
人には触れられたくない領域がありますものね』

『まあ、ピンクちゃん以外の友達は読んでるから
秘密でもなんでもないんだけどね(自分で言っててなんだそりゃ)
ピンクちゃんには、ピンクちゃん用に、
ピンクちゃんでもわかるように書くから
あっ、バカにしてるわけじゃないからね』

純粋すぎるピンクちゃんに対して
隠語オンパレの文章は書けない…
c0349676_18573192.jpg
『私も交換日記、書きますね……先輩…何書こうかな♡うふふ』
ピンクちゃんは
ニカッと子供っぽく笑った

ピンクちゃんは、よく笑う…
君の笑顔一つ一つを
心にファイリングしておきたい

思い出すたび、幸せいっぱいになるだろうから

でも、少し
切ない気持ちにもなるんだ…遠い日の記憶に
少し寂し気に笑う君の表情が

チラッと脳裏にかすめるから…


うさぎ☆ピンク☆

c0349676_17552061.jpg
PS

ピンクちゃんと交換日記
ピンクちゃんと交換日記…

僕は、日記を書くのが趣味だからいいけど…

ピンクちゃんはどんなことを書くのだろうか

ドキドキドキドキ…


と、その前に、僕は何を書いたらいいんだろうか

わかりやすく
c0349676_18115377.jpg

ピンクちゃん、ちゅーしよー♡

ピンクちゃん、可愛いおっぱいモミモミさせて

ピンクちゃんが好きすぎて辛い結婚しやがれこの妖精やろう

愛してる愛してる愛してる
一方的でもいい
君の気持ちはどうでもいい、
俺の注ぎ込む愛がすべて
ピンクたん黙って受け止めろ

ピンクたん天然記念物に指定したいほど
いいこでちゅねーーーーーーー


とまあ、(羅列すると、ほんっとキモイな……)
ふだん考えてる事を

うっかり書かないように気を付けますから(`・ω・´)

(当たり前だ)

[PR]
# by pink39pink | 2017-05-14 02:45

ツンデレ彼氏とデレデレ彼女の救いようのないヤンデレストーリーが見たい

c0349676_21555861.jpg
ゴールデンウイーク明け…

ピンクちゃん……、いつものように
花壇にいたから

思い切って話しかけてみた

勇気いったけど

生ピンクたん…やっぱり最高にかわいいよ(n*´ω`*n)
ピンクちゃんアイドルかよ、つーか、




女神

うん
俺だけの……

またレポる




c0349676_23261429.jpg
感動が伝わらなかったか…?いや、その…感動を伝えるとなると

ピンクちゃんのポッと桜色に色づく耳元から
うなじにかけて流れる髪の毛の一本一本について語るぐらいの膨大な時間が
欲しいさ



強い恋心ほど、一人で抱え込むと
どうコントロールしていいかわからなくなるけど

やっぱり愛しのピンクちゃんに会うと
ホッと心が安らぐ…
どうしてこんなに好きなんだろうな、好きというか崇拝してる

で、始めに断っておくと

僕はツンデレだ
c0349676_21565301.jpg
↑ゴクッ…これ描き進めるの楽しすぎるぜ…(∀`*ゞ)エヘヘ

ピンクたんが好きで好きで毎晩切なくて
シコシコシコシコシコシコ…すまんな女神さまに対して
(もういやだ、こんな赤裸々なこと書くの

それでも書く、ピンクたんらぶらぶ愛してるから)

だけど、ピンクたんの前では
そんなこと、おくびにも出さない
(ピンクたんのちくびは見たい)

ああ、そうですよ、ムッツリですな
ムツデレなんて聞かないけど…
c0349676_22082916.jpg



……おれ、ムツゴロウさんだから♡( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
(一見つまらないギャグで笑える人が真の幸せものだからなっ♡)

ちなみに
ヤンデレっていうのは病みとデレが入ってるそうなんだが

おれ、病むほどの器は持ち合わせていないな…

どんな恥をかいても(つーか、恥なんてかいたか…?)
寝たら、一晩でわりとすっからかんに忘れる
幼なじみのサーモンに
『ピン太みたいにバカになれたら幸せだよな』と
うらやましがられる
(バカにされてるなおい)

自分のツンデレは自覚している

しかし…
ピンクちゃんは、ツンの要素がほぼない


前に三つ編みをいじくって、怒られたけど
これは本気で嫌がられたから、ツンとは違うよな
c0349676_22192352.jpg
本気で嫌がるピンクたんに
デレデレになる俺の嗜好はおかしい

ピンクちゃんは、
俺に対してだけじゃなくて、誰に対しても
『デレデレ』だから

……それってどうなんだよ
ムキーーーーーッ


うさぎ☆ピンク☆

c0349676_23131526.jpg



PS

ピンクたん

デレデレのデッレデレだな…
まあ、じっくり付き合っていけば
ツンの要素もあるのだろうけどね…

病んでるピンクちゃんも想像できないがな

でも…
俺だけに見せてくれたら嬉しいかも

君のツンもヤンも受け止められる
器の大きな男になりたいぜ☆彡

つーか、見せてくれ…そんなエッチがしたい…
(どんなエッチか…いつか書く…予定)

[PR]
# by pink39pink | 2017-05-08 23:33