うさぎピンクの恋わずらい

pink39pink.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『ピンクたんのおっぱいたん』ってフレーズは、何気にパワーワード…(*ノωノ)

c0349676_18130819.jpg
ピンクちゃんがいくら涙目になろうとも

ピンクちゃんの交換日記を読んだだけで
c0349676_18451462.jpg

その丸っこい字を見るだけで
はちみつがドロドロに溶けきったような
甘い気持ちと欲情に見舞われ
昇天してしまう僕

c0349676_19060682.jpg
ピンクちゃんの綴る文字ひとつひとつに彼女の息遣いや
声や、オーラや、お風呂上りのシャボン玉の香りとか
伝わってくるから

僕は居たたまれなくなるし、今すぐ彼女を抱きたくなるのに


c0349676_18541506.jpg


そんな僕が
毎日ピンクちゃん本体と普通の生活を共にできるわけがないし、

愛するピンクちゃんを僕がベッドでめちゃくちゃにしてしまうことのないよう、
ここは心を鬼にして



『居候させてください』

なんてふざけたピンクたんの提案は

断固拒否しなくてはいけない…

(長い言い訳、乙…)
c0349676_18575268.jpg


 『…わかりました…じゃあ、私、しばらく野宿しなくちゃ…』
 『?!…ピンクちゃん、いままで野宿してたの❔』
 『はい…』
 ピンクちゃんはコクコク頷く。
 それにしては生活感が感じられないほど、きれいで可愛いけどなあ…
ホントに野宿してるのかなあ…
僕はつぶさにピンクちゃんの身なりを観察していたが…

 ああ、かわいい胸が…
c0349676_19152863.jpg
 見れば見るほど、女神だな…こんな美しいピンクたんが
地上に人間として生息していることが信じられないよな、

 僕は君と出愛うまで、女の子に興味なんか持てなかったし
 『自分の人生なんてまあこんなもんだろ』って半ば投げやりだったけど

 ピンクたんのおかげで、僕は生きることが、楽しくなった…

 ……というより、格段に激しく悩ましくなった(悩ましくなったのかよ)
 
 ちなみに、ピンクたんの手ブラなら俺が買って出る(*´Д`)



 僕の下着の好みが知りたいって…❔
 あえての黒もいいねぇ…小悪魔ピンクたんにそそのかされる準備はできている
(もうすでに、そそのかされている)
 
 ピンクちゃん、ブラジャーはちゃんとしてるかな…

 確認のため、覗き込んでみたい…

 とうっかり長い雑念が飛んできたので、僕はそれを振り払うように再度首を振る。

 『まあ、それはいいとして。
俺以外に、生態系が合致するひとのお家に居候させてもらうことはできないわけ…?
あっ、もちろん、女子限定でね。あっ、だけどローズはだめだ…』



 ↑一言感想言いたいんだけど、ローズにわるいよな、とか遠慮してる場合か俺は…

 ローズは、女の子だけど、ピンクちゃんに恋心を抱いてるからな…
わりと熱烈な…。
 
 『うーん…生活してみないとわからなくて、一人ひとり試すわけにもいかないので…』
 『いや、それで言ったら俺とだってわかんないでしょ…』
 『先輩とは、大丈夫なんです。わかるんです』
 写ル○ですみたいなノリで言うな…。
 
c0349676_18145310.jpg

 『仮にお試しで一緒に生活するとか…ハードルが高すぎるし
 だいたい、親になんて言えばいいかわからないよ』

 『…はい…わかりました。仕方ないです』ピンクちゃんは寂しそうに俯くので
心が痛んだ。
 『ピンクちゃん…』


 『スカイ君に頼んでみます。スカイ君は空の精だから、すべてを統括しているので、
桜の生態系も受け入れてくれると思いますし』
 『ほげぇぇぇぇぇっ❔❔❔❔ 
 す、スカイ君❔さっきも言ったけど、女子限定だよ。
 男子はぜったいダメ❕』
c0349676_19490218.jpg

 『そんな…先輩には関係ありません…っ』
ピンクちゃんが涙声でこちらに背を向けて立ち去ろうとしたので、
 僕は後ろからがしっと食い止めた。
c0349676_19541644.jpg

 『わかった!
 俺、君のお兄ちゃんっ…
…みたいな存在だから、おそらく問題ない! 
うちに来い』

 『ほんとですか…嬉しい…先輩…あっ、お兄ちゃん…
後ろから、おっぱい揉まないでくださいっ』
c0349676_18500529.jpg

 『あ…ごめん…無意識に…』無意識を理由にする自分がずるい
 『あまり強く揉むと小さくなっちゃうので』
 『そっか…じゃあ優しく触れば大丈夫かな』
そういう問題じゃないよな…

 『……あの……っじゃあ、精霊界の本部に行って色々登録を済ませてくるので、
もうちょっとお待ちくださいませ』

うさぎ☆ピンク☆
c0349676_20002064.jpg
PS

問題大ありだよ

だいたい
精霊界の本部ってなんだよぉぉぉぉぉぉ


俺、前々回のパートで
『ピンクちゃんが桜の精だって言うなら、信じてあげなきゃ男が廃る』
って言ったけど

やっぱり信じられん

だけど

ピンクたんの
可愛いおっぱいに触れられたから良しとするか(*´Д`)

揉んでごめん…
でも、俺が揉んだらきっと大きくなるよ

まあ
ピンクたんのおっぱいは、そのままでベストだから
維持すればいいよっ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

そうだ、僕と暮らし始めたら、毎日バストマッサージしてあげる
俺も楽しいし(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ピンクたんのおっぱいたんを愛でたい(*´Д`)


ああああああああヤバイ

………ごめん、ドン引きさせるような話が変態級に長くなる

明日のことは明日案じよ、ということで…(゚д゚)(。_。)ウン



[PR]
by pink39pink | 2017-11-10 20:17

ヌレヌレになるほど、ピンクちゃんのエッチな漫画を描きたい(*´Д`)

c0349676_16071895.jpg

ピンクちゃんの手ブラは、悩ましい…
お椀のようなおっぱいを僕の手で包みたい(*´Д`)

ピンクちゃんのかわいいおっぱいには、甘いカスタードが詰まっているんだ

ピンクちゃんのヌードに生クリームたっぷりつけて、ていねいに全部なめつくしたい

そうして白いすっぽんぽんがあらわになったら、
メインディッシュだよ、いただきます(⋈◍>◡<◍)。✧♡

僕が君の花びらに塗ってあげたい…🌸…(*´Д`)
気持ちよくなってるピンクちゃんを見るのが俺の望み

それにしても
俺、受験真っただ中だけど

ピンクたんへの愛が上級者になってくると
ピンクたんと一体化することだけしか考えられなくなる
(それは今に始まったことではない)

だからこれは、受験生が見ちゃだめになるブログだな
c0349676_16252475.jpg
さてさて

九月の昼下がり、僕はピンクちゃんと花壇の前で話をしているときに
唐突に
『ピン太先輩…お願い事があるんです』と言われた。

『あの…一時的にでいいので、先輩のお家に、居候させていただけないでしょうか…』

『居候…って…ピンクちゃん、冗談で言ってるの? あはは…とんでもない』

むりむりむり…。

24時間、ピンクちゃんと物理的に一緒になったら
結婚前の彼女の身に危険が及ぶので、ある意味勧められなかった…

 
 たとえ、ピンクちゃんが俺の担任の先生でも、

『先生、童顔だよね』とか、
『俺の進路は、ピンクちゃん先生のお婿さんがいい💕』とか
からかいつつ(本気だけど)、


個人面談中、教室に鍵かけて
ピンクちゃん先生と
こっそり隠れてえっちしたいとか
ヌレヌレって…俺が自分の唇に塗るのはありなの?

 ふだん、ピンクちゃんをおかずにとんでもない妄想を繰り広げているものの
実際のところ
僕はピンクちゃんの唇を奪う勇気すら持てないほど、奥手だし(まあ15歳だし…)
c0349676_17265532.jpg
↑つーか…ピンクたんは俺のだ(#^ω^)僕は複数プレイとかまったく望んでなぁぁぁぁぁぁぁい(# ゚Д゚)

だけど、過去の僕と、現在の僕と、未来の僕が
同時にピンクちゃんとえっちするという複数プレイなら

ヨダレが出るほど、観てみたい(なんのこっちゃ)
c0349676_18003446.jpg


まあ、それは置いておいて

こんな可愛くて魅力的なピンクちゃんと生活を共にしたら、理性を保てる自信もないため、
丁重にお断りしたのだが…

 『私、夏休みに桜の精霊界に里帰りしたんですけど…、
新学期で帰って来たら、
私がふだん、人間界で生活しているエリアが工事を始めてしまって、
移住先が決まるまで、仮住まい先を決めなくてはならなくて…』
 『だったら、すみれ子ちゃんのところに行けばいいじゃん…』
 『すみれ子ちゃんは、すみれの精なので…桜と生態系が合致しないんです。
すみれの地域にお邪魔するわけにもいかなくて…』
c0349676_17191242.jpg

 ピンクちゃんの言ってる意味がさっぱりわからない…。
『あはは。君が仮に桜の精だとしたら、人間の僕と生態系が一致しないんじゃないの❔』
それ以前に、僕はピンクちゃんが桜の精だなんて、信じてないけどさ…。

『それが、先輩となら、大丈夫なんです…だって…先輩は私のお兄ちゃんだから♡』
 紅潮した頬を手で押さえて、ピンクちゃんはもじもじしているのが可愛すぎて
一瞬目が釘付けになるが…、
 ハッと我に返り、
 僕はちぎれそうなほど、ぶんぶん首を振った。

 『お兄ちゃんじゃないよ、血が繋がってたら困るだろ❕』
c0349676_18064951.jpg

 『先輩は、血が繋がらないお兄ちゃんだから…お願いします…』

よけい何がなんだかわからない。


ピンクちゃんが僕に『大好き』って言ってくれたのはお兄ちゃんとしてってこと❔

 言いようもない哀しみに包まれた僕は、ただ叫ぶ。

c0349676_18411075.jpg

 『だめだ!生態系うんぬん以前に、性別が違うし、
俺は君を妹として見たことはないし
(近親相姦ものの妄想以外では)、俺は、俺は…っ』

 ピンクちゃんを一人の女性として好きになってるのに…っ…くっ…。

言葉にならない。

(つづく)

うさぎ☆ピンク☆
c0349676_18485921.jpg
PS

LCラブコスメのサイト見るのにハマってるんだが
これ女の子が見るサイトらしいな

いつか…いつか…ピンクちゃんとの初めてのために
入念に準備している自分を褒めてあげたい
(*´Д`)


幼なじみのサーモンに『そういう準備するより受験勉強しなって…』と
呆れられてるが
俺にとっては大事なことなんだな(n*´ω`*n)
ピンクたん愛してる…

[PR]
by pink39pink | 2017-11-07 19:00