うさぎピンクの恋わずらい

pink39pink.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

君に会えない夏は、向日葵の笑顔が消えてしまったようで…待ちわびた新学期

c0349676_14310607.jpg
『ピンクちゃんから、交換日記の返事が来ないってどれぐらいなんですか』スカイ君の質問に

『一週間ぐらいかな』と僕が答えると

ゴン太とスカイ君は拍子抜けしたように
『………』と黙り、
顔を見合わせて、苦笑した

『んー、一週間だったら、問題ないじゃないっスか。
メールとかならともかく、交換日記だし…

桜野だって忙しいっスよ。そういえばあいつ、実家に帰るとか言ってたし』

『ああ、ピンクちゃん、桜の花びらの精って言ってたからね
人間界から一時、離れる時間が必要なんじゃないかな…』

c0349676_15564327.jpg
『おいおいおいおい、君たち目を覚ませ、

ピンクちゃんは
花びらの精じゃないから、実家にも帰らないし

人間界から逸脱することもないんだよぉぉぉぉぉ』

確かに抱っこすれば、人間としての重さをほとんど
感じないほど体重が軽いけど
長い間抱きしめていると
ぎゅーーーーーーっと彼女の肉体としての重みが自分の腕にのしかかってきて

あの幸せは一言では言えないんだ…
c0349676_15223352.jpg
僕の抱きしめる力にすこし耐えきれなくなったピンクちゃんが
『んっ…』とか色っぽい唇から可愛い声を漏らすたび、
少しだけ、眉を困らせて切なそうに悶えるのを見るだけで

可愛くて、愛しくて、

はあ、思い出しただけで溶けそう、

ピンクたん…ちゅーして抱きしめたいよぉぉぉぉぉぉ
c0349676_15110628.jpg

『俺の中にピンクちゃんが不足しているんだよぉぉぉぉぉぉ
あいつ、日記書いたらその日のうちか次の日か、遅くても三日以内には
必ず持ってきてくれたのに

一週間も…、
一週間も

一・週・間っ…も待たせるなんて…』

『ピン太先輩…あの…ごめんなさい』

『あー、俺、おかしくなってきて、スカイ君の声が
ピンクちゃんの声に聞こえてきた…
スカイ君、ピンクちゃんの声真似したって無駄だぞ
俺はだまされない』

『いや、その、ピン太先輩…桜野、後ろにいるっスよ』ゴン太が
落ち着かせようと、僕の肩をポンポンっとたたくと、
僕はびくっと体を震わせた
c0349676_16245768.jpg
『ゴン太まで…二人してグルになって』僕が涙で振り向いた直後

僕の世界一、宇宙一、愛しい人の顔がそこにあった

『…………!!!!!!! 俺はピンクちゃんの幻覚まで
…ぐわっ…』ふらっと貧血を起こしかけた僕をゴン太が後ろから支え、

『ピン太先輩、落ち着いてください、正真正銘のピンクちゃんだから』
とスカイ君が僕の顔をのぞき込んだ

続けて、ピンクちゃんも心配そうにのぞき込む
c0349676_15325657.jpg

『先輩、ごめんね…。ピンク、桜の精だから
桜の樹のお母様に会うために実家に帰ってたんです

スカイ君やゴンちゃんには話していたんですけど…先輩とは
学年も違うし、なかなかお話する機会がなくて…。
この間、先輩が日記帳を渡してくれたとき、そのことお話しようと
思っていたんですけど
c0349676_15411374.jpg
先輩、じゃあな❕って言ってすぐ立ち去っちゃったから…』

『そ…そうなのか…俺こそ、すまなかったな…』
確かにあの日記を書いた後、僕は何となく居たたまれなくて
すぐ立ち去ってしまったんだった…

うう…情けない…
c0349676_15364014.jpg
『実を言うと、今日、僕がピンクちゃんを呼んだんです
ピン太先輩から呼び出されたとき、
何となくピンクちゃんと何かあったのかなーって
勘づいて…ねっ、ゴンちゃん』スカイ君がゴン太と目配せしながら
優しく言った
c0349676_15521744.jpg
『まあ、ピン太先輩の考えてる事、十割は桜野のことっスからね…』
ゴン太は、少しホッとしているようだった

『じゅうわり…❔』ピンクちゃんは、
つぶらな瞳をぱちくりさせながらつぶやくのを見た瞬間、

『ピンクーーーーーーーーっ』僕は、もう我慢できなくなって
ピンクちゃんをぎゅーーーーーーーっと抱きしめていた
c0349676_16501910.jpg
十割は大げさだけど………、大げさじゃない❣❣❣❣

ほぼピンクちゃんのことしか
考えてない…
一週間ぐらい、返事をもらえなかったことぐらいで
へこむなんて
こんな自分、情けなくて、どうしようもなくて
ダメ男だって自分でも認識してるけど
これが俺の素直な気持ちで…

ピンクちゃんを失いたくなくて…何で、狂おしいほど
こんな気持ちにさせられるんだろう…

自分でもわからない
c0349676_15443199.jpg
『先輩ぃ…もぉー、ゴンちゃんとスカイ君が見てるのに…ピンク恥ずかしいなあ
…あっ…んっ……』
ピンクちゃんに何と言われても、僕は抱きしめる力を弱めるつもりはなく、
ぎゅっ、ぎゅっ…とさらに強度を増していた

『あはは、いいよ。僕とゴンちゃんは二人でこれからデートするから。
ねっ、ゴンちゃん』
『おいおい、スカイ…語弊があるだろ。まっいいや。じゃあな、
ピン太先輩、桜野と仲良く』
 ゴン太とスカイ君は、僕たちに気を遣って
早々とそこから立ち去った


うさぎ☆ピンク☆
c0349676_16435732.jpg
PS

俺、いい友達(というか、後輩)持ったなあぁぁぁぁ、ありがとうスカイ君、ゴン太…

続き、

八月中にまとめると言ったのに
すまないっ(´;ω;`)ウゥゥ

もうとっくに新学期

ピンクちゃんのおっぱいの話なんて、想像以上にデリケートで
どうまとめていいかわからなかったよ
(ドヤ顔で言うな俺)

次回☆彡つづく🌻


[PR]
by pink39pink | 2017-09-11 16:52